人生って?

ふと思ったことです。

スピリチュアル的にみると、人は課題を乗り越えるために生まれてくるといいます。

10代20代は課題がだんだんと見えてくる時期、30代40代は答えを模索する時期、50代60代は課題への答えを受け取る時期、そして70代以降は人生を振り返ってその意味を理解し穏やかに生きていく時期、なのかな〜と思いました。

それぞれの時期を仮に、前期、中期、後期、晩期と名付けてみます。

それぞれの時期は微妙に重なり合っているような気がします。答えの模索は20代からすでに始まっているし、答えの受け取りも40代後半ぐらいから徐々に始まっている気がします。

でも、20代30代の模索は核心の周りをぐるぐる回っているというか、いまいち逃げも入っいる気がします。

本腰を入れて探し出すのは30代後半から40代、そして40代後半ぐらいからおぼろげに答えが見えてくる。

全くの持論ですが、そんな考えがふと浮かびました〜(^○^)